離島の工房探訪

ここ半年社内のシステムや人員が変わりバタバタしてまして、出張に出ておりません。

なので少し徒然日記をお休み中なんです。

そこでかなり前に行った離島で、出会った陶芸家さんをご紹介します。

6~7年前に石垣島に行った時に、竹富島と西表島にも陶芸家の方が見えますよと聞きました。

そこで聞いたら直ぐ行くのが心情の私、船で渡りました。

南の島にキタ―!!って使い方違うけど、感動でした。

そんな村の1軒屋の工房で、ご夫婦で陶器作りをされて見えました。

「アトリエ五香屋」さんに伺いました。

作品はやはり南の島国を思わせる爽やかな作品でした。

私はやはり沖縄県の特徴的な作品を購入しました。

お魚のを描いたものですが、このエリアの作家さんのサインみたいに個性が出ますね(笑)

ここ「水野さん」の作品は、化粧土が白くて色合いがはっきりして爽やかな感じが出ています。

私は南の島の白い砂浜のイメージが浮かびましたよ、ほんと!

一度行って観てください。今年位私も久しぶりに行こうかな(笑)

短い時間でしたが楽しくお話をして、一枚お皿を買いました。

そして返ろうとしたら、送ってあげると言われ軽トラの荷台に載せてもらいました。

青空の下で車の荷台の乗り、何か映画の主人公にでもなれたような感じで最高でした。

ほんと忙しいのにありがとうございました。

最後にこのリゾートにスーツはあまりにも浮き過ぎた事に反省です。
アトリエ五香屋 水野景敬作

— posted by Shin-Showa-Coat at 11:12 am   commentComment [0] 

多孔質材料の油性水漏れ防止処理剤の開発 その7

最後に下に置いたコピー紙の画像をUPします。

紙ですので水が付けば明らかに解ります。

コピー紙に触れている部分は高台のみです。

初めの頃はとても見にくいですが、徐々にその差が出ています。

とても見にくいと思いますがお許しください。

向かって右側がCP-Sでコーティングした方です。これに関して少し開設をします。水を入れて60分後の画像は未加工のカップのしたのコピー紙です。残念ながらCP-Sの方は取っておりませんが、変わりない状態でした(すいません)

1、12時間後に高台の跡が丸く出ましたが水が浸みた感じにはない。

  なんとなく紙が湿気でふやけた感が出ています。

2、24~36時間後はさらにはっきりとシワが出て来ました。

3、49時間後にシワガ目立って来ました。

4、60時間後で画像でかなり目立つようになりました。

これは陶器が多孔質の為、空気や酸素は通したら出したりします。

よく防水ウエア―何かと同じ現象です。

フッ素系の防・撥水剤の特徴の一つで水は通さないですが、気化した水分や空気は通す性質の為と思われます。

よって、完全防水では無く撥水の性質が出ております。

多分横や下から気化した水分が出ていると思われます。

但し、これは今使用されているシリコーンも同じような結果です。

完全に防水を行うなら、皮膜を張るタイプ(艶が出たり落ちたり)がお勧めです。

それは現在CP-Kがありますが、とても不評ですのでこのタイプにします。

現在これで、企業向けにはOKが出ておりますので、このタイプの販売に全面的に換えて行きます。

皮膜は樹脂ですので、柔らかく皮膜硬度はせいぜいHクラス。

どんな樹脂でもそうですが、紫外線にやられ長期さらされますと劣化してボロボロになります。

弊社は皮膜を張り難いCP-Sで進めて行く予定です。

CP-Sの皮膜タイプも出来ており、受注生産で可能にして行こうと考えています。

現在使われているシリコーンと同じように、溶剤はキシレンを主成分で行く方針です。

以上でレポートはお終いです。

ありがとうございました。

NONALNUM-NjDliIblvozjgrPjg5Tjg7zntJk-E
水を入れて60分後未加工側
NONALNUM-MTLmmYLplpPlvow4-E
水を入れて12時間後
NONALNUM-MjTmmYLplpPlvozjgrPjg5Tjg7zntJk-E
水を入れて24時間後
NONALNUM-MzbmmYLplpPlvozjgrPjg5Tjg7zntJk-E
水を入れて36時間後
NONALNUM-NDnmmYLplpPlvozjgrPjg5Tjg7zntJk-E
水を入れて49時間後
NONALNUM-NjDmmYLplpPlvozjgrPjg5Tjg7zntJk-E
水を入れて60時間後

— posted by Shin-Showa-Coat at 01:35 pm   commentComment [0] 

多孔質材料の油性水漏れ防止処理剤の開発 その6

CP-Sコーティングカップの2アングルをご参照してください。

内側からの撮影

クラック部分に焦点を合わせましたが、見えるでしょうか?

クラックはすべて画像の中央部辺りあります。

NONALNUM-NjDliIblvow1-E
水を入れて60分後
NONALNUM-NjDliIblvow3-E
水を入れて60分後
NONALNUM-MTLmmYLplpPlvow1-E
水を入れて12時間後
NONALNUM-MTLmmYLplpPlvow0-E
水を入れて12時間後
NONALNUM-MjTmmYLplpPlvow1-E
水を入れて24時間後
NONALNUM-MjTmmYLplpPlvow0-E
水を入れて24時間後
NONALNUM-NDnmmYLplpPlvow1-E
水を入れて49時間後
NONALNUM-NDnmmYLplpPlvow0-E
水を入れて49時間後

— posted by Shin-Showa-Coat at 12:27 pm   commentComment [0] 

 

多孔質材料の油性水漏れ防止処理剤の開発 その5

今回が本題ですね!CP-Sを内側にコーティングしたものについて検証

1、鋳込み素焼き(700℃)で内側をコーティングしたカップ  (多孔質材料の油性水漏れ防止処理剤の開発 その1を参照)

2、敢えて内側から外側までのクラックを入れてみました。  (クラックを入れてからCP-Sで内側をコーティングしました)

3、60時間水を入れましたが、昼間は事務所保管で多少蒸発はありました。

4、フッ素コートなので、水は通さず空気や湿気は通す繊維と同じ防・撥水構造と想定。  (推測ですが、そこ部分から湿気が逃げて来ますので高台の内側の紙がふやける可能性あり)

*60時間と短いですがその間、素地を水から守れるか?

*クラックから水が浸み出て来ないかに注目!

NONALNUM-NeWIhuW-jO-8lA-E
水を入れて5分後
NONALNUM-MTDliIblvozvvJM-E
水を入れて10分後
NONALNUM-MzDliIblvowz-E
水を入れて30分後
NONALNUM-NjDliIblvow0-E
水を入れて60時間後
NONALNUM-MTLmmYLplpPlvowz-E
水を入れて12時間後
NONALNUM-MjTmmYLplpPlvow0-E
水を入れて24時間後
NONALNUM-MzbmmYLplpPlvowz-E
水を入れて36時間後
NONALNUM-NDnmmYLplpPlvowz-E
水を入れて49時間後
NONALNUM-NjDmmYLplpPlvowz-E
水を入れて60時間後

— posted by Shin-Showa-Coat at 11:50 am   commentComment [0] 

多孔質材料の油性水漏れ防止処理剤の開発 その4

あまり上手く書けませんが、取り敢えず簡単な検証をしてみたいと思います。

先ずは未加工の鋳込みの素焼き素地について

1、未加工で素焼き(700℃焼成)です。

2、素地自体は吸水性があり水が浸みて高台から水が出て来ます。

3、土は地元の美濃土です。

4、大量生産用の半磁器のマグカップ用の物を頂きました。

5、本当は花器用が良いのですが、撮影用に開口部が広い物が良いのでこれを選択しました。

6、条件的に均一で薄い白素地が適してると判断しました。

7、半磁器で素焼きが一番条件的に厳しいのでこの状態の物にしました。

*水を入れて約3時間後には、カップ全体に水分が行き渡りました。

*コピー紙に高台から、水分浸み出たのが視認出来たのが約50分後位でした。

NONALNUM-NeWIhuW-jO-8kw-E
水を入れて5分後
NONALNUM-MTDliIblvozvvJI-E
水を入れて10分後
NONALNUM-MzDliIblvowy-E
水を入れて30分後
NONALNUM-NjDliIblvowy-E
水を入れて60分後
2
水を入れて12時間後
NONALNUM-MjTmmYLplpPlvowy-E
水を入れて24時間後
NONALNUM-MzbmmYLplpPlvowy-E
水を入れて36時間後
NONALNUM-NDnmmYLplpPlvowy-E
水を入れて49時間後
NONALNUM-NjDmmYLplpPlvowy-E
水を入れて60時間後

— posted by Shin-Showa-Coat at 02:25 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
prev
2019.4
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30